【中元の送り状とお礼状の文例】

年賀状文例 喪中文例 歳暮の添状礼状 中元添状礼状 暑中・残暑見舞い文例

参考文です。もちろん このままお使いになってもよろしいです。

中元の送り状 主文

日ごとに暑さがきびしくなってまいりました
皆様お健やかにお過ごしのことと存じます
平素は大変お世話になり厚く御礼申し上げます
只今 別便にてお中元のしるしに 
心ばかりの品をお送りいたしましたので
ご笑納くださいますようお願い申し上げます
季節柄 御身お大切になさいますようお祈り申し上げます

中元のお礼状 主文

日ごとに暑さがきびしくなってまいりました
皆様お健やかに
お過ごしのことと存じます
さて このたびは結構なお中元のご挨拶にあずかり
ご芳情のほど幾重にも御礼申し上げます
早速 一家中でご好意を頂戴いたしました
末筆ながら 皆様のご健康をお祈り申し上げます
とりあえず 右御礼まで

季節の挨拶


暑気日ごとに加わり

日ごとに暑さがきびしくなってまいりました

日々 暑さのきびしき折から

末文

御身お大切のほど心からお祈り申し上げます

ご自愛のほど お祈り申し上げます

いっそうのご自愛のほど祈念いたします


("ご自愛"は 男性用語、女性は、"御身お大切に"が適切ですが
どちらでも 男女一般的に使われています。) 

結びの挨拶・慣用句

まずは右まで

まずは右お知らせまで

まずは右御礼まで

取り急ぎ用件のみ失礼します

とりあえず お知らせまで

略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます


他人から何がしの尽力や 金品中元歳暮などを受けたら すぐに お礼状を出しましょう。
成人したら、親まかせではなく 一人の社会人として、自覚を持ってしっかり書きましょう。
以外と、お礼は "電話かメールでいいっしょ"とか、"次にお会いしたときに お礼を口頭で言えばいいか"、、、とか、軽く考えてはいませんか?ついででは、感謝の気持ちは 伝わらないんですよ。独身の場合は、贈る一方でも、結婚すると、中元歳暮のやりとりも増えます。特に、ご主人の 仕事関係の方や、ご親戚などから頂いたときは、すぐにお出しするのも妻の務めです。これによって、ダンナさまの ご出世が左右されるといっても 過言では ありません。

昨今は、簡素化・自粛ムードてすが、近況報告をも兼ねた中元歳暮は古くからの日本の良き習慣です。親しき仲にも礼節を持って、おおいに楽しみましょう。